弁護士費用の種類

法律相談料

法律相談をお受けする対価としてお支払いいただく費用です。
すべての方について、3回目までのご相談は無料です。

着手金・報酬金

着手金とは、案件を弁護士に依頼する際にお支払いいただく費用です。分割払いにも柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
報酬金とは、案件が解決した際にお支払いいただく費用です。ただし、債務整理の事案の場合、当事務所では、原則として着手金のみで事務を行い、過払金を回収した際の報酬金のみいただいております。

実費(預かり金)

受任通知の郵送、出張の際の交通費など、案件の処理に必要となる実費に使用するため、預り金として最初に一定額をお預かりします。
※任意整理の場合、通常1,000円~2,000円程度です。

実費は事件終了時に精算してお返しします。
自己破産・民事再生を裁判所に申し立てる場合、別途、申立書類に添付する収入印紙及び予納郵便切手と、裁判所への予納金が必要となる場合があります(弁護士コラム参照)。

弁護士費用一覧表

※すべて消費税込みの価格となります(2021年4月1日総額表示に対応)

相談料無料(ただし3回目のご相談まで)
4回目以降のご相談:30分につき5,500円
※相談から受任に至った場合は、相談料はいただきません。
任意整理 【着手金】
1社目:33,000円
2社目以降:1社ごとに22,000円

【報酬金】
過払い金を回収した場合、
交渉によるとき 回収額の16.5%
訴訟によるとき 回収額の22%
自己破産(同時廃止) 【着手金】
22万円
自己破産(管財)
個人
【着手金】
33万円
債権者が10社を超える場合 追加で+55,000円
債権者が20社を超える場合 追加で更に+55,000円
自己破産(管財)
法人または個人事業主
【着手金】
55万円+総債務額の1.1% を目安にお見積もり
※事業規模により事務量が変わりますので、相談時にお見積りします。

【法人と同時に代表者の破産もご依頼いただく場合】
追加で+22万円
個人再生 【着手金】
38万5000円
住宅ローン条項を利用する場合 追加で+11万円

法テラスの利用について

当事務所は、法テラスの利用に対応しています。法テラスを利用する場合は、報酬基準は法テラスの基準に従います。
ただし、当事務所は、法テラスを利用しての受任は、任意整理または自己破産(同時廃止)の事案に限らせていただいております。
管財事件・個人再生事件で法テラスの利用を希望される場合、法律相談と援助申込みの取り次ぎのみ行い、案件の担当はいたしませんのでご了承ください。